二次会のタイムスケジュール1


2次会チャンネルがプロデュースする結婚式二次会のプログラム例です。ぜひ二次会のタイムスケジュールを作成するときの参考にしてください

結婚式二次会プログラム(例)
結婚式二次会プログラム(例)

▶1   ▶2



~二次会プログラム全体の流れ~

・準備(30分PM6:00~ 

・受付(30分)PM6:30~ 

・パーティ(120分PM7:00~ 

・お見送り(30分)PM9:00~ 

・完全撤収 ~PM9:30  

※時間の都合もありますので全ての演出をプログラム内に盛り込むことはできません


1■二次会パーティの準備(30分)

ほとんどのお店は受付開始の30分前に、幹事グループが入店できます。30分前には入店して二次会の準備をしましょう。装花やウェルカムボード、ウェルカムドールの設置。音響の確認、DVDの動作確認、マイクのテスト、ケーキが届いているか?景品やプチギフトの準備などなど。確認事項はたくさんありますね。


2■受付(30分)

お釣りと金庫を用意して受付開始です。名簿から名前を探してチェックすると時間がかかってしまいます。芳名帳に名前を書いてもらうことをオススメします。名簿は男性、女性、新郎友人、新婦友人をカテゴリーわけし、五十音順に並べておくと受付がスムーズに進行しますね。受付終了時間までに全てのゲストが来てくれることはほとんどありません。受付時間が終了しても、参加者全員が来場してないときは、パーティがスタートしても1名は受付にて待機しましょう。

2次会チャンネルのパーティでは、受付を終えられた方へお祝いの寄せ書きを御願いしております。


3■前説、OPムービー上映など(5分)

受付の30分間はとても大事。チェキ写真撮影などもできるだけたくさん完了させておきましょう。新郎新婦が到着したらいよいよ入場です。入場5分前には司会者からゲストへ挨拶。入場時の拍手の練習などで会場を暖めておきましょう。「トイレの場所」や「ドリンクカウンターでのグラス交換制」「次のイベントの開始時間」「喫煙場所」などなど説明事項があれば前説時に案内。

またOPムービーなどがあれば上映しましょう。


4■新郎新婦入場(5分~10分)

入場はもっともこだわるところ。BGMを流すタイミング、ドアの開くタイミング、登場のタイミングなどを事前に練習しておきましょう。キャンドルサービスなどの演出も取り入れましょう。2次会チャンネルでは「阪神タイガースラッキーセブン入場」などをご用意しております。



5■新郎新婦から挨拶(5分)

新郎と新婦から一言ずつご挨拶をしてもらいます。

一言ずつ何かセリフを考えておいてもらいましょう。

例)

「今日は私たちのためにお集まりいただきまして本当にありがとうございます。二次会では堅苦しいことは抜きにして一緒に楽しみましょう。」


5■二人の共同作業(5分)

次はケーキ入刀などの二人の共同作業です。すでに披露宴でケーキに入刀している場合はちょっと違う共同作業をやってみてもおもしろいですね。2次会チャンネルでは「巨大ナイフで巨大どらやきへ入刀」や「巨大石鹸入刀」などをご用意しております。ナイフが入ったら写真撮影のために新郎新婦にはポーズを決めてもらいましょう。右側のゲスト様→中央のゲスト様→左側のゲスト様。



6■ファーストバイト(5分)

入刀の次はファーストバイトですね。二次会なのでセカンドバイトかもしれませんが・・・。

まずは新郎から新婦へケーキを食べさせてあげます。司会者が「せーの」の掛け声。掛け声を合図にゲスト全員で「あーん」 新郎が新婦へケーキを食べさせてあげます。このセレモニーには「一生食べるには困らせない。そんな意味が込められております。

次に新婦から新郎へケーキを食べさせてあげます。ここは鉄板で笑いが起こるシーンです。

ケーキの大きさは愛情の大きさです。愛情の大きさをケーキの大きさで表現しましょう。

このセレモニーには「私がこれから美味しいご飯をずっと作ってあげる」そんな意味が込められております。


7■ご友人から乾杯のご発声(5分)

いよいよご友人から乾杯のご発声です。2次会チャンネルプロデュースのパーティでは新郎様側のゲストから乾杯のご発声をいただいております。注意点→新郎新婦及び乾杯のご発声をするゲストへグラスが行き渡っているか事前に確認しましょう。会場スタッフの方々へは「5のファーストバイト」時点でドリンクの準備をしていただくようにお願いしておくとスムーズです。



8■歓談タイム1 (10分~20分)

乾杯の次は歓談タイムです。余興やゲームなどによって尺は変化しますが、10分~20分程度は時間をとりましょう。歓談タイムが始まったら「トイレの場所」や「ドリンクカウンターでのグラス交換制」「次のイベントの開始時間」「喫煙場所」などを再度説明しましょう。この歓談タイム中に、新郎新婦と写真をとったり、ビュッフェのお料理を取りにいったりしてもらいましょう。遅れてきたゲストでチェキ写真撮影ができていない方などいらっしゃいましたら、歓談タイム中に撮影します。

▶1   ▶2